「ビル泊」静岡の分散型ホテル

RESERVATION[ 宿泊予約 ]

LOCATION

鷹匠&伝馬町エリアTAKAJO & TENMACHO

閑静な住宅街に個性的な店舗が揃う

静岡駅から徒歩10分程度に位置する鷹匠は、静岡の代官山とも呼ばれるほど、多数の個性的な店舗が揃うエリアです。「鷹匠」という地名は、鷹狩りが趣味だった徳川家康が、鷹を扱う「鷹匠」を住まわせていたことに由来しています。

地図

呉服町エリアGOFUKUCHO

静岡駅北メインストリート

江戸時代、網座、木綿座の長であった伴野宗善が住んでいたことからこの名がつけられました。現在もアーケードに並ぶ商店街には、歴史ある店舗から新しい店舗まで様々な店舗が軒を連ね、散策にも楽しいエリアとなっています。

地図

紺屋町エリアKOYAMACHI

県内唯一 駅直結の地下街を持つ商店街

徳川家康が駿府城に在城中、駿府城御用達の染物師(紺屋)が住んでいたことに由来しています。日本各地にある地名ですが、静岡市のこのエリアは(こうやまち)と読みます。JR静岡駅から最も近く、商業施設の多いエリアです。

地図

両替町エリアRYOGAECHO

東京銀座のルーツは両替町

徳川幕府により銀貨鋳造所(銀座)が旧二丁目付近に設置されたことから「両替町」という地名になりました。1612年、銀貨鋳造所が駿府から江戸に移転した際、新たに鋳造所がおかれた場所が東京都の銀座であり、当時銀座は新両替町と呼ばれていました。現在は県内最大の歓楽街、夜も賑やかなエリアとなっています。

地図

七間町&人宿町エリアSHICHIKENCHO & HITOYADOCHO

再開発が進む、新散策スポット

人宿町はその名前のごとく、宿場町でした。江戸時代は、商人の宿が多く点在していました。七間町は通りの幅が七間(約13メートル)あったのが町名になったという説と、七座の長の代官屋敷があったからという説、七座(米・魚類・繊維などを販売していた組合)が並んでいたからなど、複数の説があります。現在は再開発が進んでおり、変化が著しい地域です。

地図

駅南エリアSHIZUOKA STATION SOUTH EXIT AREA

歴史・ビジネス・ライフが融合する人気エリア

JR静岡駅南口から出てすぐのエリアには、オフィスやホテルが立ち並び、駅を背に右手(南西側)には飲食店が広がっています。近年住宅も増え、由緒ある神社も多く、買い物、飲食スポットも増えている複合エリアです。

地図

HOMEへ戻る